DigiNews

IT・インターネット系のニュースをお届けします。

IT・ネットワーク エンタメ モバイル 趣味・娯楽

取り付け簡単!手持ちスマホを本格カメラ並みに!画角をシネマスクリーン同等の広角に変換し、本映像撮影を可能にするスマホ用レンズ「snoppa」11月19日よりクラウドファンディングスタート!

阿芙株式会社は2019年11月19日(火)より、クラウドファンディングサービスGREEN FUNDINGにて、スマホ用フィルムメーカーレンズ「snoppa」の先行販売を開始しました。
https://greenfunding.jp/afustore/projects/3328

 

 

 

あなたはスマートフォンのカメラに満足していますか?

「SNS映えする迫力が欲しい!」
「自然をもっと雄大に撮りたい!」
「集合写真で人が入りきらない!」

このような悩みも、簡単着脱式のスマホ用フィルムメーカーレンズ「snoppa」があれば即解決!
スマホで本格カメラ並みの映像撮影を楽しむことが可能です。
装着は、レンズをクリップに留めてはさむだけ。ほぼ全てのスマホに対応可能!
「snoppa」が上質なカメラライフをお届けします。

snoppa「スマホ用フィルムメーカーレンズ」製品特徴

■装着するだけで映画とほぼ同じ比率の2.4:1の撮影ができる
■ワイドスクリーン映像の撮影を可能にした1.33倍
■4K対応高解像度、画質の劣化が起きない
■旅行や日常の思い出を迫力の映像でSNS映え
■専用アプリで簡単設定・簡単撮影

 

 

 

 

スマホ用フィルムメーカーレンズの特徴は?

ズバリ、1.33倍横長に撮影することが出来るようになります!
それって、どのようなメリットがあるのかと気になりませんか?
上の写真を見比べてください。通常の撮影で撮った写真と、スマホ用フィルムメーカーレンズ「snoppa」を使用した写真でその迫力の違いを感じていただけると思います。
実はこのスマホ用フィルムメーカーレンズで撮影した写真は、映画とほぼ同じアスペクト比2.4:1のシネマスコープと呼ばれる比率なんです。
ずっと広い視野で写真が撮れると、旅先の雄大な自然も記憶のままに、また集合写真もみんなが安心して納まりますよね!

 

 

「snoppa」が生み出す迫力の映像世界!

スマホ用フィルムメーカーレンズ「snoppa」は専用に設計された円柱光学構造のレンズとアプリによって、映画とほぼ同じ比率の迫力ある映像美を映し出します。
専用設計の2群2枚で構成された円柱レンズによって、通常の視野を1.33倍に水平拡大された映像はレンズ内でさらに変形圧縮し、スマホの光学センサーに映し出されます。この映像は専用アプリによって瞬時に2.4:1のアスペクト比へと復元処理され、スマホの画面で楽しむことができるのです。
 

映画でみかけるあの光の効果も再現!

映画監督のJ・J・エイブラムスの作品などでみかける、光がスクリーンを横切るようなフレアの効果もこのレンズは再現。
実はこれも、円柱レンズとレンズにほどこした反射防止コーティングによる専用のアナモルフィックレンズ(スマホ用フィルムメーカーレンズ)だからできる効果なんです。
 

 

専用アプリで簡単設定

専用アプリはQRコードで簡単ダウンロード。
アプリを開いて「設定」の「カメラ」のタブから「Anamorphic Lens」をオン!
あとは自由に撮影を楽しむだけ。

撮影は簡単ですが、本格的なレンズを使用したこのスマホ用フィルムメーカーレンズ「snoppa」。
被写体と真剣に向き合うもよし、気軽に撮影を楽しむもよし。使用シーンはあなた次第でさらに広がります!
 

クリップ式で簡単着脱

専用クリップにレンズを装着し、スマホ用フィルムメーカーレンズの中心とスマホのレンズの中心を合わせてクリップで挟みます。
レンズは回転式になっており、スマホに取り付けてからレンズを回転しつつ、水平・垂直の調整が可能です。

 ※さらに詳細をご覧になりたい方はGREEN FUNDING掲載ページへ
https://greenfunding.jp/afustore/projects/3328