DigiNews

IT・インターネット系のニュースをお届けします。

IT・ネットワーク サービス

HashHub、ブロックチェーンレポート「Ethereum2.0の解説」を無料公開

株式会社HashHub(本社:東京都文京区)は、毎月20~25記事配信しているブロックチェーンレポートの中から、イーサリアム(Ethereum)2.0の解説レポートを公開しました。このレポートは、7月に子会社d10n Labの会員制のブロックチェーンレポートサービスで配信されたものです。

 

Ethereum2.0とは
Ethereumは、Bitcoinに次ぐ規模のパブリックブロックチェーンであり、関連する開発者コミュニティも最も大きいブロックチェーンの一つです。(2019年11月時点) そして、同ブロックチェーン上ではスマートコントラクトを活用したアプリケーションとして、分散型金融やアイデンティなどのサービスが既に利用されています。
Erhereumは、現在ブロック生成に関わるメカニズムはPoW(Proof of Work)で行われていますが、今後段階を経てPoS(Proof of Stake)に移行をする予定です。PoWではブロック生成者の決定を毎ブロックごとに計算能力を用いて行いますが、PoSでは保有するトークンの量に基づいて決定されます。毎回のブロック生成にノンスを計算する必要がなくなりブロック生成プロセスが早くなることや、エネルギー資源の消費を抑えられるなどの特徴があります。

アップデート後は、ブロックチェーンの分散性やセキュリティを犠牲にすることなく、トランザクション性能の向上を目指します。現在のEthereumほどのブロックチェーンが実行する大型アップデートとしては史上最大であり、注目のイベントされるイベントとなっています。

レポート公開について
レポートは弊社サービスの会員様に配信していたものですが、今回、より多くのユーザー、企業にEthereumの動向が伝えられるきっかけになるはずであると考え、一般公開することにいたしました。

「Ethereum2.0 コンプリートガイド(2019年7月版) EthereumのPoSへの移行はどのように行われるか」と題した本レポートの内容は、下記よりPDFファイルをご覧いただけます。
https://drive.google.com/file/d/1VNZA1vOt0FZaqzUpxQx3osueqn-I73rT/view?usp=sharing

なお、本レポートの執筆は7月であり、本プレースリリース時点の11月では一部情報が古くなっている場合もありますが、予めご了承ください。

弊サービス、d10n Labでは、今後もレポート配信事業及びコンサルティング事業を通して引き続き企業・開発者・起業家・ユーザーの意思決定のサポートを行ってまいります。

■d10n Labサービス概要
d10n Labでは、以下のサービスを提供しています。

【個人会員】
・月間25本前後のレポート購読
・d10n Lab過去配信レポートを閲覧可能
・毎週金曜日にHashHubで実施中のランチタイム勉強会に参加可能

【法人会員(HashHubエンタープライズプランパッケージ)】
・月間20-25本程度のレポート購読、新着レポートをメール配信
・d10n Labレポートを社員全員で共有可能
・d10n Lab過去配信レポートを閲覧可能
・d10nレポートのリサーチ内容のリクエストが可能
・毎週金曜日にHashHubで実施中のランチタイム勉強会に参加可能
・その他のイベント優先枠もご用意
・HashHubコワーキングスペースの限定的な利用が可能
・HashHubコミュニティボードに会社ロゴ掲載可能、採用募集などにも活用できます

【カスタムレポート・コンサルティング】
詳細につきましては下記よりお問合せ下さい。

サービスの詳細につきましては下記よりお問合せ下さい。
https://forms.gle/xzCgcQjyjFoSipu79

■HashHubについて
2018年4月に設立。ブロックチェーン総合企業として自社プロダクト開発、ブロックチェーン業界リサーチレポート提供、主に国内企業をクライアントにしたブロックチェーン関連の開発支援などを行っています。また東京大学周辺エリアを拠点に国内外の暗号通貨・ブロックチェーンのスタートアップ・開発者が集うコワーキングスペースを運営。ブロックチェーンサービスが生まれる環境を整え、日本と海外、また他業界をつなぐハブになることを目指し事業を展開しています。