DigiNews

IT・インターネット系のニュースをお届けします。

テクノロジー ビジネス 社会・政治・経済 経営情報

京セラ鹿児島国分工場に新工場2棟を建設

半導体製造装置用ファインセラミック部品の需要増に対応

 京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、ファインセラミック事業の更なる拡大および、他事業の将来的な設備増設を見据えた生産スペースの確保を目的として、鹿児島国分工場に新たに第7-1工場、第7-2工場を建設することを決定しましたので、お知らせいたします。なお、本日、地元自治体である霧島市と立地協定締結の調印式を行った後、2021年11月より新工場の建設を開始する予定です。

 現在、IoTの進展や通信5Gの普及に伴い、パソコンやスマートフォン、データセンター、自動車をはじめ、あらゆる製品に使用される半導体の需要が急速に高まっており、今後も継続した市場成長が期待されています。それに伴い、半導体製造装置に使用されるファインセラミック部品についても大幅な増産が求められています。これらの要求に迅速に対応するため、第7-1工場は2022年10月、第7-2工場は2023年10月から順次生産を開始し、鹿児島国分工場における同製品の生産能力を従来の約2倍にする計画です。

 京セラでは、旺盛な市場要求に対応することで、ファインセラミック事業の強化をはかるとともに、鹿児島県の経済活性化や新たな雇用機会創出による地域社会の発展に貢献してまいります。

完成予想図(右:第7-1工場、左:第7-2工場)

■ 新工場の概要

名称
京セラ株式会社鹿児島国分工場 第7-1工場/第7-2工場
所在地
鹿児島県霧島市国分上小川1002番地1
投資総額
約110億円
建築面積
第7-1工場:5,174 m2(鉄骨2階建)
第7-2工場:6,996 m2(鉄骨6階建)
延床面積
第7-1工場:10,120 m2/第7-2工場:37,497 m2
建設計画
第7-1工場:2021年11月着工、2022年10月操業予定
第7-2工場:2021年11月着工、2023年10月操業予定
製品品目
半導体製造装置用ファインセラミック部品等
生産計画
34億円/年(2023年4月~2024年3月)