DigiNews

IT・インターネット系のニュースをお届けします。

エンタメ 政治 映画・テレビ・動画 産業 社会 社会・政治・経済 芸能

マイナンバーカード普及促進CM「3人に1人持ってる」篇/「メリットを知る」篇 全国でオンエア開始!

 

「そろそろ、あなたも。マイナンバーカード」 佐々木蔵之介さん、田中みな実さん、黒柳徹子さんが日常の一コマを自然に表現! マイナンバーカード普及促進 「3人に1人持ってる」篇/「メリットを知る」篇 2021年8月28日(土)から順次全国でTV-CMオンエア開始

 

 

 総務省は、マイナンバーカード普及促進キャンペーンの一環として、佐々木蔵之介さん、田中みな実さん、黒柳徹子さんの3人をCMキャラクターに起用、佐々木さん、田中さんが出演する TV-CM「3人に1人持ってる」篇、「メリットを知る」篇を2021年8月28日(土)からオンエアを開始いたします。また、本キャンペーン開始に伴いTV-CMと連動した特設ウェブサイト(https://mynumbercard.soumu.go.jp/)もオープンします。
 それぞれのCMキャラクターが、日常の一コマをリアリティ溢れる表現でマイナンバーカードをPRする演技力は必見です。

 

「マイナンバーカード普及促進」 TV-CM 「3人に1人持ってる」篇(写真左)、「メリットを知る」篇(写真右) ※黒柳さん出演のCMは今後展開予定です

 

 

TV-CM企画意図/ストーリー

マイナンバーカードの交付枚数は、4,705万人(2021年8月22日時点)となり、およそ国民の3人に1人は持っているカードとなりました。交付が進んだ主な理由としては、各地方自治体による申請促進の取り組みや、マイナポイント事業などの施策に加え、マイナンバーカードでできる「メリットが増えてきたこと」、そして、“意外と持っていて便利かも、持っていて損はないかも”といった、マイナンバーカードを持つ「メリットに気付く人が増えてきたこと」が考えられます。

そうした背景をベースに本キャンペーンでは、取得者の本音・未取得者の本音を大事に企画しました。この本音に共感してもらうことで、マイナンバーカードのメリットを多くの方々が自分事として考えるきっかけになればという思いの下、普段から自分の考えを大切にして本音で語っていそうなイメージのある佐々木蔵之介さん、田中みな実さん、黒柳徹子さんをCMキャラクターに起用、3つのシチュエーションを舞台に、それぞれの立場からマイナンバーカードについて語る3人の本音に共感していただけるようなTV-CMを制作しました。

 

 

ストーリー

「3人に1人持ってる」篇では、佐々木さんが「最近マイナンバーカードを取得した人」という役で出演します。行きつけの商店街の魚屋さんで、顔なじみの大将と女将さんに、上機嫌でマイナンバーカードを取得したことを伝えるも、2人がすでに持っていることを知った佐々木さん。その際の驚きの表情にご注目ください。

 

「メリットを知る」篇では、「メリットを感じてなくてまだ持っていない人」を演じる田中さん。カフェで友人との会話中、最初はマイナンバーカードに関心が薄かった田中さんが、友人からさまざまなメリットを聞いて、興味を抱いていく様子をチャーミングに描いています。

 

 

撮影エピソード

キャストの日常が垣間見えるシチュエーションでロケ撮影

今回は、どういった場所で、誰と話していると、その方らしいリアリティーが感じられるのかという観点から、商店街の鮮魚店で大将や女将さんと会話する佐々木さん、カフェで友人と会話する田中さんというそれぞれのシチュエーションでロケを実施。それぞれの場所で、キャストの皆さんの日常をのぞいているように感じていただくため、衣装やヘアメイクもできるだけ普段の様子に近いものを意識し、やや引き気味の位置から、全編ほぼ同じアングルで撮影しました。

 

佐々木さんの絶妙のアドリブで笑いの絶えない撮影現場に

終始リラックスした様子で撮影に臨んでいた佐々木さん。魚屋の大将や女将さん役のキャストとも息の合った調子で、「お代は?」「300万両!」「じゃあ、今日はツケといて(笑)」などとアドリブを交えながら、笑いの絶えない現場となりました。ちなみに、店頭にはタイやカニなどさまざまな魚介類が並ぶ中、佐々木さんが一貫して注文していたのは、ある意味庶民的で、日常の味として親しまれる「サバ」でした。

 

友人とカフェで過ごす田中さんの自然な会話と表情を描写

本音を大事にしながら描くという今回の狙いを理解し、セリフが本当に自分らしいかどうか、時間をかけて監督と話し合っていた田中さん。CMコンセプトをしっかり把握した上で臨んだ本番では、飾らない田中さんの素顔を随所に垣間見せ、スタッフの皆さんの視線をくぎ付けにしていました。また、30秒CMのラストで、田中さんが友人役と「そろそろ?」「そろそろ?」と同じセリフで呼び掛け合うシーン。実際の撮影では、たわいもないやり取りがアドリブでしばらく続き、ようやく監督のカットがかかった瞬間、お互いに顔を見合わせてにっこり。友人と過ごす田中さんの日常を、とても自然な形で切り取ることができました。

 

 

佐々木蔵之介さん インタビュー

――CM撮影はいかがでしたか?

【佐々木さん】:撮り方が、このカット、このカットというふうにキメキメではなく、一連の会話を3カメで狙ってくださったので、自然な状況でお芝居ができて、非常にありがたかったなと思います。

 

――マイナンバーカードについての印象は?

【佐々木さん】:ずいぶんと申請が簡略化されて、スマートフォンからでもできるようになって、申請しやすくなったというか。便利なところといえば、例えばコンビニで、いろんな公的書類を取得できますし、今後は健康保険証として使える病院も増えていくので、病院でもこのカードだけで事足りるという。いろいろ汎用性が広がってくるみたいなので、いいかなと思いますね。

 

 

田中みな実さん インタビュー

――マイナンバーカードのCMキャラクターに選ばれた感想をお聞かせください。

【田中さん】:以前からマイナンバーカードを持つことは推奨されていたので、今回CMを通して何を発信するのだろうと思っていたのですが、改めて資料を拝見したら、たくさんのメリットがあることに驚かされました。このような大切な役割を任せていただき光栄です。

 

――CM撮影はいかがでしたか?

【田中さん】:コマーシャルの撮影という感じがしませんでした。友人役の方とお茶をしたりパン作りをするうちに終わっていました(笑)。やりとりの中で、自然に生まれた会話を、相手の方に引き出していただいたという感じです。もっとお堅いCMだろうと構えていたので、柔らかい空気感で内容もわかりやすく、とても楽しく撮影に臨めました。

 

――「そろそろマイナンバーカード」というメッセージにちなんで、そろそろ決めたいことは?

【田中さん】:お家を買う??(笑)。ひとり暮らしでずっと家賃を払い続けているのもどうなのかなと思い始めたりして。そろそろではないかもしれないけど、いつかは夢のマイホームを持ちたい?かな。

 

――マイナンバーカードについての印象は?

【田中さん】:コマーシャルを通して抱いた印象は、思っていたよりもずっと、国民の生活が便利になるということです。マイナンバーカードを使える場面がさらに増えれば、個人としても社会としてもメリットが大きくなるのかなと思いました。マイナンバーカードが普及することで、私たちの生活がもっともっと便利になっていけばいいなと感じます。

 

――田中さんがCMに出ることで、同世代の多くの方もマイナンバーカードに注目するのでは?

【田中さん】:どうでしょうか(笑)。CMをきっかけに、マイナンバーカードのことをちょっと調べてみようかな、他にどんなメリットがあるんだろうと興味を持っていただけたらうれしいです。

 

――CMでは田中さんが「メリット」派であるという設定ですが、ここ最近で一番メリットがあったと実感できた出来事がありましたらお聞かせください。

【田中さん】:つい最近、外国の方に道を聞かれたんですけど、幼少期海外に住んでいた経験が生かされ、お答えできたので良かったなぁと。多少なりとも身に付いた英語力が自分の強みになっていると感じます。

 

――田中さんはよく“あざとかわいい”という言葉とともに取り上げられる機会が多いと思いますが、その言葉はメリットですか? それともデメリットですか?

【田中さん】:“あざとい”というワードは、かつてよりマイナスなイメージではなくなっているように思えるのでメリット?ですかね。私は、あと何年あざとかわいくいられるでしょうか(笑)。

 

 

新TV-CM「3人に1人持ってる」篇(15秒)ストーリーボード


 

新TV-CM「メリットを知る」篇(15秒)ストーリーボード  ※今後展開予定 

 

 

新TV-CM「メリットを知る」篇(30秒)ストーリーボード


 

TV-CM概要

タイトル:マイナンバーカード普及促進 TV-CM「3人に1人持ってる」篇(15秒)/

「メリットを知る」篇(15秒※今後展開予定・30秒)

出演 :佐々木蔵之介/田中みな実

放映開始日:2021年8月28日(土)

放送地域:全国