DigiNews

IT・インターネット系のニュースをお届けします。

IT・ネットワーク コンピュータ その他ライフスタイル ライフスタイル

note、東日本大震災からの「#それぞれの10年」の投稿を募集

メディアプラットフォームnoteでは、本日より、東日本大震災から10年になるいまの気持ちや未来に伝えたいことなどを「#それぞれの10年」というテーマで募集します。

ひとの思いや経験談が多く集まっているnoteで投稿を募集することにより、震災を風化させず社会に語り継ぐ一助になればと、このお題を実施することとなりました。

募集の背景

東日本大震災から10年。それぞれの場所で、それぞれの10年がありました。

当時の経験、思いは人それぞれ異なります。言葉にできることも、できないこともあるでしょう。無理に言語化する必要はないと、私たちも考えています。

ですが、当時の様子や、各家庭・地域・企業・学校での取り組みが広く知られることで、風化の防止や、ノウハウを未来に役立てることにもなります。また、「あのとき言えなかった気持ち」「いまになって思うこと」など、言葉にすることで書き手自身や読んだ人が救われるかもしれません。

noteには、日頃からエッセイや日記など、ひとが大切にしたい思いや人生の岐路となるような経験談が多く集まっています。

今回、「#それぞれの10年」をテーマに投稿を募集することで、震災を風化させず社会に語り継ぐ一助になればと、このお題を実施することとなりました。

「お題」とは

noteの「お題」とは、noteが独自で開催している企画です。各お題で決められたハッシュタグを付けて投稿することで誰でも参加できます。

書き手にとっては、投稿するテーマのヒントとしても活用いただけますし、読み手にとっては、共通のお題のもとに集まった記事を見ることができるので、新しい記事や書き手を知るきっかけにもなります。

お題とは?詳細は[こちら]{https://note.com/notemag/n/n940e01af2608}

「#それぞれの10年」募集内容

募集詳細ページ:[https://note.com/info/n/ne7fb03a1d302]{https://note.com/info/n/ne7fb03a1d302}

■募集期間
2021年2月26日(金)〜3月31日(水)

■投稿方法
①noteアカウントでログイン
②ハッシュタグ「#それぞれの10年」を設定して記事を投稿

■記事の閲覧
投稿された記事は[「#それぞれの10年」のお題ページ]{https://note.com/hashtag/%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%9E%E3%82%8C%E3%81%AE10%E5%B9%B4?f=popula}ですべてお読みいただけます。また、一部の記事は「今日の注目記事」としてnoteのサイト上でピックアップさせていただくこともあります。

※投稿いただいた作品は、noteの公式Twitter・Facebookでも紹介させていただくことがあります。
※NHKのnoteアカウントやTwitter、公式Webサイト、番組等で取り上げさせていただく場合があります。
※震災当時のさまざまな出来事を伝えるNHKの「震災タイムラインサイト」(3月中に公開予定)にも掲載させていただくことがあります。
※記事の内容がハッシュタグと関係がない場合は、運営でハッシュタグを外させていただくことがあります。

「NHK取材ノート」公式noteも参加

なお、本企画は、[「NHK取材ノート」のnoteアカウント]{https://note.com/nhk_syuzai} にも賛同いただき、お題に参加いただきます。

記者やディレクター、カメラマンなどの取材の10年、避難の呼びかけに模索を続けたアナウンサーたちの10年。災害報道のありかた。それぞれの悩みや葛藤、被災地での出会いなどについて公開される予定です。

本日、さっそく以下の第1弾・第2弾記事が公開されました。今後も随時更新されます。

■[あれから10年・それぞれの10年 メディアの現場で考え続けてきたことを記事にします]{https://note.com/nhk_syuzai/n/n813567a9c3da}

■[何も考えていなかった「僕」が当事者だった「彼女」と出会って3月11日が自分ごとになるまで、それぞれの10年]{https://note.com/nhk_syuzai/n/n7241e9287af9}

note

noteはクリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。

個人も法人も混ざり合って、好きなものを見つけたり、おもしろい人に出会えたりするチャンスが広がっています。2014年4月にサービス開始し、約870万件の作品が誕生。月間アクティブユーザー数は6,300万(2020年5月時点)に達しています。

note株式会社

わたしたちは “だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。メディアプラットフォーム・noteは、クリエイターのあらゆる創作活動を支援しています。クリエイターが思い思いのコンテンツを発表したり、サークルでファンや仲間と交流したり、ストアでお店やブランドオーナーが商品を販売をしたり、note proを活用して企業や団体が情報発信をしたりしています。コンテンツ配信サイト・cakesも運営しています。

所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-1-2 青山セント・シオンビル 4階
設立日:2011年12月8日 代表取締役CEO:加藤貞顕 コーポレートサイト:[https://note.jp]{https://note.jp}