DigiNews

IT・インターネット系のニュースをお届けします。

エンタメ ゲーム 旅行・レジャー 映画・テレビ・動画 本・雑誌

市制70周年記念・合併15周年記念企画 二次元VS日本刀展

 関市が市制70周年・合併15周年を迎えることを記念し、関鍛冶伝承館(関市南春日町)において、12月4日(金)から2月1日(月)までの期間で、漫画やアニメ等の人気クリエイター達が考えた日本刀を展示する「二次元VS日本刀展」を開催します。

 

 本企画展の開催目的は、日本刀文化及び関鍛冶の魅力を多くの若者へ発信することです。そのため、展示作品の中には、関伝日本刀鍛錬技術保存会の尾川兼國刀匠が制作した「るろうに剣心明治剣客浪漫譚の逆刃刀」及び二十五 ・ 二十六代藤原兼房刀匠が人気イラストレーターのデザインを再現した日本刀、関市刀剣研磨外装技術保存会の鞘師森隆浩氏が制作に携わった「バケモノの子 熊徹の刀・拵」があります。本企画展では、関鍛冶が制作に携わった日本刀も含め、計14振りの日本刀を展示します。また、人気クリエイター達が描き起こした「未来の日本刀をテーマにしたイラスト」も同時展示します。

 

 

『開催概要』 二次元VS日本刀展

日程:2020年12月4日(金)~ 2021年2月1日(月)

開催時間:9:00~16:30

休館日:火曜日・祝日の翌日(いずれも休日を除く)

場所:関鍛冶伝承館2階 第Ⅰ・Ⅱ展示室(岐阜県関市南春日町9-1)

特別入館料:大人800円、高校生500円、小中学生300円  ※入館料も含む

クリエイター:るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-(和月伸宏)、夢路キリコ、バケモノの子(細田守)、天野喜孝、壬生義士伝(ながやす巧)、子連れ狼(原作小池一夫、小島剛夕、高橋留美子、池上遼一)、開田裕治、修羅雪姫(原作小池一夫、池上遼一、たくま朋正、越智博之)、神野オキナ・隅田かずあさ、ヒライユキオ、環望、シネクドキ、かまたきみこ、EDO of the DEAD(敬称略順不同)             

主催:関市

企画協力:関伝日本刀鍛錬技術保存会、株式会社テレビせとうちクリエイト、一般社団法人全日本刀匠会事業部、株式会社集英社、博物館明治村、スタジオ地図、株式会社ホーム社、株式会社現刀美