DigiNews

IT・インターネット系のニュースをお届けします。

IT・ネットワーク コンピュータ ビジネス 社会・政治・経済 経営情報

コンテントスクエアが1億9000万ドルのシリーズDラウンドを完了

顧客体験分析のイノベーションを加速

イスラエルの先端マーケティングテクノロジーを駆使する株式会社ギャプライズ(本社:東京都新宿区、代表取締役 CEO:甲斐 亮之、以下「当社」)のパートナーである顧客体験分析の世界的リーダーContentsquare(コンテントスクエア社)(本社:ニューヨーク、CEO:Jonathan Cherki、以下「コンテントスクエア」)は、2020年5月19日( Eastern Daylight time)、1億9000万ドルのシリーズD資金調達ラウンドを発表し、これまでの総資金調達額は3億1000万ドルに達しました。
このラウンドはブラックロックのプライベートエクイティパートナーチームが主導しており、既存の投資家であるBpifrance(ラージベンチャーファンドを通じて)、Eurazeo Growth、Canaan、GPE Hermes、Highland Europe、H14、KKRに加え、ほとんどの投資家がこのラウンドに参加しています。また、Sapiance Capital Limitedも同社にクレジットを提供しています。

Contentsquare
Contentsquare

3つの主要分野に焦点を当てた投資

今回のシリーズDは、3つの主要分野に焦点を当てた投資が行われます。

■イノベーション

研究開発チームを有機的に成長させ、より大きく、より良い製品をより早く構築するために、さらなるM&Aの機会を検討します。

■加速

既存市場(北欧、西欧、北米、日本)での事業展開を拡大し、業界ベンチマークデータ、サービス、サポートを提供していきます。

■拡大

南ヨーロッパ、中東、アジアなどの新しい地域で展開し、現地でお客様のニーズに応えるために専任のチームを編成します。

-CEO Jonathan Cherkiのコメント-
私たちは、オンライン行動の完全な理解を解き明かすことで、世界のデジタルトランスフォーメーションを加速させたいという野心を持っています。
このような不確実な時期にこの投資を行うことは、当社のチームが素晴らしい仕事をしてきたことの証です。
これは、今後5年間のビジョンの強さを証明するものであり、我々の提供する顧客体験分析はあらゆるビジネスにおいても価値提供ができ、グローバルなリーダーシップを発揮しながら拡大していきます。

コンテントスクエアについて

2012年にパリで設立されたコンテンツスクエアは、ロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、ミュンヘン、テルアビブ、東京、シンガポールにオフィスを開設しています。
顧客体験分析プラットフォームは、何十億ものデジタル行動を追跡して可視化し、誰もが収益の拡大、ロイヤリティの向上、イノベーションの促進のために利用できるインテリジェントなレコメンデーションを提供しています。

※詳しい情報は弊社サービスサイトをご確認ください。

グローバルフォーチュン100の30%を含む25か国700社以上の企業顧客からの信頼

このコンテントスクエアのプラットフォームは、グローバルフォーチュン100の30%を含む700社以上の企業顧客や、American Express、Best Buy、Dell、Ikea、LVMH、T-Mobile、Salesforce、Sephora、Toyotaなどの業界大手企業から信頼を得ています。
また、100社以上のテクノロジーベンダーとの統合や、世界中のコンサルタントやデジタルマーケティングソリューションプロバイダーとの戦略的パートナーシップにより強力なエコシステムを構築しています。

コンテントスクエアは現在、1日あたり14億ドルのeコマース売上高を含む10兆件の消費者インタラクションを分析しており、世界最大級のデジタル行動のベンチマークとなっています。

2019年には、別の確立されたエクスペリエンスアナリティクス企業であるクリックテールと、革新的なマーチャンダイジングとプライシングソリューションであるPricing Assistantを買収しました。両社の買収から得た主要な機能は、コンテントスクエアの単一の拡張SaaSプラットフォームに急速に統合され、市場での世界的なリーダーシップをさらに確立しました。


コンテントスクエアは今回の新型コロナを通じて、業界や地域を超えたデジタル消費者行動のパンデミックを週単位で追跡・分析する「Covid-19 eCommerce Impact Data Hub」も作成しております。
当社メディアMarTechLab内のコンテントスクエアに関する記事一覧

ブラックロックについて

ブラックロックの目的は、より多くの人々が豊かな金融生活を体験できるように支援することです。投資家の受託者として、また金融テクノロジーのリーディング・プロバイダーとして、お客様が最も重要な目標に向けて計画を立てる際に必要なソリューションを提供しています。2020年3月31日現在、世界中の投資家に代わって約6兆4700億ドルの資産を管理しています。

本件に関するお問い合わせ

※現在リモートワーク中の為、メールにてご連絡ください
〇プロダクトに関する内容
CXO事業部
担当 舟木
funaki-0211@gaprise.com
TEL:03-5989-0494
〇企業/広報に関する内容
広報担当 鈴木 隆司
info-pr@gaprise.com
TEL:03-5989-0492

ギャプライズについて

・会社名:株式会社ギャプライズ
・代表者:代表取締役CEO 甲斐亮之
・所在地:東京都新宿区西新宿2丁目4番1号新宿NSビル6F
・URL  :http://www.gaprise.com
「最先端テクノロジー×情熱的な人のチカラ」をモットーに、イスラエルの先端マーケティングテクノロジーである、SimilarWebをはじめ、Contentsquare、Optimizely等の海外で多くの導入実績のあるツールや先進的なテクノロジーを日本国内に導入/支援を実施しています。