DigiNews

IT・インターネット系のニュースをお届けします。

エンタメ その他ライフスタイル ライフスタイル 教育 音楽・演劇

自宅にいながら親子でクラシック音楽が楽しめる!4月11日(土)、ズーラシアンブラスの無観客生配信が過去のDVDより無料公開へ変更

4月7日に政府より発令された緊急事態宣言を受けて、4月11日に予定しておりました「ズーラシアン吹奏楽部!(Bunkamuraオーチャードホール)」は無観客公演の生配信を中止とさせていただく決定をいたしました。その時間は下記の映像に変更して、動画配信をいたします。

ズーラシアン吹奏楽部!

●配信日時

2020年4月11日(土)14:00~

●配信内容

前半:2015年発売DVD「ズーラシアン吹奏楽部!」(約30分)

後半:2019年発売DVD「ミューズ・スペシャル」より(約90分)

●エントランスページURL

https://www.superkids.co.jp/z-brass/concert/live/

YouTubeの「プレミア公開」機能で、14:00から配信いたします。映像はライブではありませんが、スタッフによるTwitter投稿も同時発信し、ファンの皆さんと盛り上がりたいと思います。

※上記YouTubeでの配信はどなたでも無料でご覧いただくことができます。

また、「ズーラシアンブラスチャンネル」は、子ども向けコンテンツに設定されているため広告などの収益化はされておりません。

【内容】

●DVD「ズーラシアン吹奏楽部!」

ズーラシアンブラス率いる大編成吹奏楽団『ズーラシアンウィンドオーケストラ』が、“楽しむ吹奏楽”をテーマに2015年デビュー!DVDにはまるで学園祭のような雰囲気で踊る動物たちが収録されています。聴いて、見て、吹いて楽しい「ズーラシアンウィンドオーケストラ」をお楽しみください。

(1)きそれんっ!

(2)ブラバン・オリンピック

(3)MINYOエクスプロージョン

(4)金管戦隊トランペットレンジャー

(5)テールゲートキング

(6)Kong,Kong,Kong!

●DVD「2018ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団【ミューズ・スペシャル】

2018年11月23日に開催された、ズーラシアンブラスの仲間たち総出演のコンサート、「ミューズ・スペシャル」のコンサート映像です。

(1)カーテンズ・ファンファーレ!

(2)アルビレオの誘惑

(3)小犬のワルツ

(4)ことわざブラス

(5)MEGA HIT TUBAAA!!

(6)ムーンコンチェルト

(7)アイネ・クライネ・ナハトムジーク

(8)動物紅白歌合戦2018

(9)窓辺のシンフォニア

(10)未来を照らす蛍の光

【ズーラシアンブラスとは】

指揮者のオカピをはじめ、演奏するのは全て希少動物という金管五重奏「ズーラシアンブラス」。クラシック音楽における絵本のような役割ができれば…と2000年に誕生し、今年デビュー20周年を迎えます。2010年には「横浜観光コンベンション特別功労賞」を、2011年には「キッズデザイン賞」において最優秀賞(経済産業大臣賞)を受賞しました。2014年にはコンサートの取組が高く評価され、株式会社スーパーキッズは経済産業省より「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に選定されました。また多数のCD、DVDのみならず、楽譜もリリースし、金管アンサンブル界の裾野を広げています。

「弦うさぎ」(うさぎの弦楽四重奏)「サキソフォックス」(キツネのサックス四重奏)といった動物の仲間たちと行う、親子のためのコンサート「音楽の絵本」は、全国各地のホールで話題となり、海外公演も含め年間約150を数えます。2011年にはオーケストラ「ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団」も結成。これまでのコンサートから更に一歩踏み出し、慣れ親しんだ音楽をより交響的に紡ぐ「シンフォニック童謡」をテーマに展開。子どもたちのクラシック音楽への興味を一層高めています。

「ズーラシアンブラス」は、これからも音楽の素晴らしさを知る糸口を提供していきたいと思っています。

【制作コンセプト】

素晴らしい文学作品を読んで聞かせても、小さな子どもがその世界に入り込んでいくことはすぐにはできません。そのために文学の世界には「絵本」と言う素晴らしい芸術の入り口が用意されています。音楽の世界にも童謡という子どもたちへの贈り物がありますが、歌詞に頼らないクラシックの世界では絵本のような分かりやすい入り口がなかなかありませんでした。ズーラシアンブラスはクラシック音楽における絵本の役割ができれば…と考えられ、そして誕生しました。