DigiNews

IT・インターネット系のニュースをお届けします。

IT・ネットワーク コンピュータ ビジネス 社会・政治・経済 経営情報

タイムマシーン株式会社、株式会社カミナシと業務提携 IoT技術と品質管理プラットフォームの組み合わせによりHACCP市場のニーズに応えるソリューションを提供

タイムマシーン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:前田 一樹)と、株式会社カミナシ(本社:東京都千代田区、代表取締役:諸岡 裕人、以下 カミナシ社)は、今後のHACCPの本格展開を見据え、互いのソリューションのシステム連携および販売・サービス提供に関して広範な業務提携を行うことに合意したことを、3月26日(木)付で発表致します。

HACCP義務化を含む改正食品衛生法が2020年6月に施行され、安全・安心への意識と担保がますます求められる時代になりました。タイムマシーン株式会社が開発した、IoT技術を用いた温湿度の監視記録システム「ACALA(アカラ)」(*1)とカミナシ社が開発した、安全・品質管理のためのプラットフォーム「KAMINASHI(カミナシ)」(*2)を組み合わせて利用する事により、始業時の従業員の健康チェックに始まり、人手によらない冷蔵庫、冷凍庫の温度記録まで、さまざまな安全・品質管理業務の帳票出力の自動化を行う事が可能となります。今回の提携により、両社は急速に拡大するHACCP市場のニーズに応えるソリューションを提供します。

衛生管理に必要な記録・管理を全て網羅したトータルサービス

*1 ACALAは、冷蔵庫や冷凍庫をはじめとした温度管理が重要な場所で広く利用されております。センサ機器からクラウドまでの通信を全て無線化したACALA MESHは、導入時に工事などが不要なため導入が非常に容易で、食品工場や物流倉庫、ホテルや飲食店、病院など、既に10,000を超すIoTセンサが、日々の温度を遠隔監視するために活躍しています。

温度管理システム「ACALA」

◆ 直感的に分かりやすいUIデザインで誰でもすぐに使いこなせます

◆ 帳票は自動生成、異常時にはアラート発報で手間いらず

◆ 毎分データの蓄積で冷蔵庫の故障検知も可能に

*2 KAMINASHIは、従業員の健康チェック表や清掃記録表に始まり、さまざまな安全・品質管理のための帳票をデジタル管理できるプラットフォームで、品質管理基準が厳しいと言われる航空業界の機内食製造現場でも使用されています。人手不足が深刻な問題になっている食品業界において、書類管理業務を飛躍的に軽減し、かつ品質管理精度を向上させられるソリューションとして、ホテルや飲食店でも導入事業者が広がっています。

品質管理プラットフォーム「KAMINASHI」

◆ 現場の品質管理に特化した唯一のクラウド型ソフトウェア

◆ 教育/モニタリング/監査/カイゼン活動を一気通貫で実行可能

◆ 誰でも使えるシンプル設計で、最短10分で現場投入が可能

■タイムマシーン株式会社 前田

当社の強みである温度管理システムにKAMINASHIが加わることで、品質・衛生管理に関する記録や監視をトータルでマネジメントすることが可能になります。現状に甘んじず、これからもお客様のご意見を伺いながらバージョンアップを継続して参りたいと思います。HACCPで欠かすことのできない記録業務、人手不足が叫ばれる今だからこそ、テクノロジーを駆使した効果効率的なソリューション活用をおすすめします。

タイムマシーン株式会社 代表取締役 前田 一樹

■株式会社カミナシ 諸岡

創業以来、「品質管理をITで10倍ラクにする」というビジョンを実現すべく、サービスを開発してきました。タイムマシーン社と広範な連携を通じて、ユーザーに対してより多くの価値を提供できると感じています。

KAMINASHIでは、今後もIoT機器や他サービスとのコラボレーションを通じて、品質管理プラットフォームの構築を進めてまいります。

株式会社カミナシ 代表取締役 諸岡 裕人

■会社概要

【タイムマシーン株式会社】

所在地: [本社]東京都中央区日本橋人形町1-5-5

代表者: 代表取締役 前田 一樹

設立 : 2010年2月25日

URL  : http://tmcn.jp

【株式会社カミナシ】

所在地: [本社]東京都千代田区神田鍛冶町3-7

代表者: 代表取締役 諸岡 裕人

設立 : 2016年12月15日

URL  : http://kaminashi.com/